目的に応じた看護師のキャリアとその違い

看護師のキャリアは、スペシャリストとして特定分野を専門とする専門看護師と認定看護師、ジェネラリストとして広範囲の知識や技術、経験を持つ看護師に分けられます。
日本看護協会がスペシャリストとして定めている専門看護師は、実践、教育、相談、調整、倫理調整、研究の6つの役割を担う看護師です。一方、認定看護師の役割は実践、指導、相談の3つが挙げられます。専門看護師と認定看護師は資格制度があり、特に専門看護師は認知度の高い資格だと思います。
また、ジェネラリストは日本看護協会において、経験と継続教育により習得した暗黙知に基づき、その場に応じた知識や技術、能力を発揮できる者と定められています。そのため、ジェネラリストは特定の分野での活躍よりは、オールラウンダーとしての活躍が求められるといえるかもしれませんね。この特徴から、ジェネラリストの看護師は病院だけではなく、在宅看護など様々な場での看護を担う役割を期待されていると考えられます。
スペシャリストの看護師には資格があるため、目標を定めやすいですが、ジェネラリストの看護師にはそれがありません。スペシャリストとしてキャリアを積むには、資格取得の条件を最低限クリアしないといけませんが、ジェネラリストも病院で様々な診療科を経験するほか、病院以外でも看護師としての役割を身につける必要があるでしょう。
そのため、どちらのキャリアを目指すかでキャリアパスは変わってきますが、どちらであっても広い視野と専門的で質の高い看護の提供が必要なことに変わりはありません。